MENU

ペニスサイズは遺伝と男性ホルモン量が大きく影響!

身長や体重など物理的に計測できるもので遺伝しない部位はありません。

 

程度によりますが、多少は影響を与えます。

 

しかし、父の家系と母の家系があり、どちらの遺伝子が多く影響するかはわかりません。

 

男性器の大きさは薬指の長さ、より厳密には薬指と人差し指の長さの比と相関することが知られています。

 

薬指の長さが遺伝することから、原理的には男性器のサイズも遺伝するはずです

 

その大きさ自身は遺伝的影響は多少なりともあると思われる。

 

もちろん、身長が大きい人のほうが、男性器(ペニス)が大きい傾向があるようです。

 

遺伝子以外にも思春期の生活習慣環境、男性ホルモンの分泌量も影響を与えているようです

 

ペニスのほぼ9割は海綿体細胞と呼ばれる細胞でできていて、食生活や生活環境が影響しています。

 

多くの成長ホルモンや男性ホルモン血液などを、この海綿体に運ぶことで、海綿体の血管が膨張してペニスが増大します。、
思春期に男性ホルモンの分泌によい動物性タンパク質や亜鉛などを含む食品を多く摂取することによりペニスが大きく成長します。

 

思春期でなかなか成長しないペニスに悩んでいるのなら、肉類や牡蠣など動物性タンパク質と亜鉛が多い食品を積極的に食るとペニス増大にいいといわれています。

 

男性ホルモンの分泌量

 

ペニスの大きさに一番関係するのが男性ホルモンです。

 

男性ホルモンの分泌量は、ある程度やはり遺伝的体質もあります。ペニスの大きさも遺伝が一番関係しています。

 

ですが、背の大きさのように遺伝的体質だからと諦めないでください。

 

なぜなら、男性ホルモンの分泌量は大人になってからも増やすことが可能だからです。

 

つまり、大人になってからもペニスは大きくすることができるということです。

 

男性ホルモンの分泌量は遺伝的体質とアルギニン成分の摂取量で決まってきます。

 

このうち遺伝的体質でもともと男性ホルモンが多い人もいます。

 

男性ホルモンが濃いと、体毛が毛深くなったりハゲやすくなりますが、ペニスも同時に大きくなりやすくなります。

 

そしてもうひとつが「アルギニン」という成分の摂取量です。

 

アルギニンとは普通の食事にも含まれる成分で、この成分を多く摂取すると男性ホルモンの分泌量が増大します。

 

食事にも含まれると言いましたが、男性ホルモンの分泌量を増大させるためには食生活の改善では足りません。食生活で補えるアルギニンの量は微々たるものだからです。

 

そのアルギニン成分を多く配合して、男性ホルモンの分泌量を多くするためにあるのが、精力剤とも呼ばれる「ペニス増大サプリ」です。

 

アルギニンは食品で補えないからサプリで補うしかありません。

 

ペニス増大サプリには、ペニス自体の血行を増大させて大きくするシトルリンが主成分となっているサプリと、シトルリンとアルギニンが配合されている総合成分型のペニス増大サプリがあります。

 

シトルリンが主成分のものは、勃起時のペニスを増大させる目的のサプリです。

 

中でも人気があるのがヴィトックスとゼファルリンです。

 

効果についてヴィトックスとゼファルリンを比較した記事があるのでそちらも見ていってください。

 

 

ヴィトックスとゼファルリンは実は効果なし?